• HOME
  • >今月の相談コーナー

今月の相談コーナー 毎月 経営に関する様々な疑問にお答えいたします

2015年8月号
給与はコストですか

人材不足の中、ベースアップや定期昇給の声が高まり、このままの給与水準で良いのか心配しています。

1.人は低い給与から高い給与に流れる

低成長時代には給与体系は単に、企業の支払い能力を土台に検討をすれば事足りたとも言えますが、これからは、人材をいかに確保するかを中心とした給与体系のあり方が問われます。単に給与が高いというだけではなく、社員のやる気を引き出し、企業の業績アップにも大きく貢献する制度の導入が必要だからです。

業績悪化企業の給与水準は同業他社や世間相場と比較して著しく低く、業績悪化の原因を高い給与水準に求める指摘が当てはまらないケースが目につきます。業績回復の中心的役割を担うべき人材は、とうの昔に転職し、残っている従業員は低賃金、低能率の中で戦意喪失状況にあるのが実態です。

2.こんな錯覚に陥っていませんか

①平等こそ平和を保つとする錯覚

先日、ある会社の給与体系の調査をいたしましたが、あぜんとしました。この会社の総数二百人の半数がパートさんですが、賃金水準は最低賃金で、さらに、年齢、勤続年数、経験などにまったく関係なく全ての人が同額です。平等といえば平等ですが、売上目標達成、能率向上などによる従業員さんへのインセンティブがまったく生じない、平和ボケ状況と言ったら言い過ぎでしょうか。

②月額給与は低めにして賞与でプラスすれば良いという錯覚

従業員さんの月々の生活は、給与を基準に考えているはずです。業績次第で金額が変動する賞与を生活の基盤に考える人がいるでしょうか。人材を獲得し、業績に寄与させるためには、世間相場の給与で、さらにその業界における平均的な給与水準を超える必要があります。高能率、高賃金こそ、給与体系の基本とすべきです。

③業績悪化を理由に定期昇給を一律に廃止するという錯覚

「業績も低迷しているのに定期昇給なんてとんでもない」という経営者の本音はわからないでもありませんが、給与水準そのものが大企業の七十パーセント程度に留まっている中小企業で、定期昇給を廃止することは考えものです。原材料費がどんどん上がっていく中でコスト削減は人件費しかないなどという経営者もいると聞いていますが、経営者失格です。定期昇給制度は生活を安定させ、仕事に専念してもらいたいという経営者からの意思表示です。生活費支出の統計資料などを勘案すると、六十歳くらいまでは定期昇給制度が必要だと考えられます。もちろん、一律、同額昇給ではなく、業績への貢献度に応じて差をつけることは当然です。

3.人件費は利益の源泉です

「良い成績をあげれば給料を上げるつもりだ」。よく聞く言葉ですが、世間並みの給与が支給されて初めてやる気が生じることも事実です。「自分たちが家族と団らんしている時間にも、寝ている間も暑い日も寒い日も、早朝から深夜まで一生懸命、働いている従業員のことを一時も忘れてはならない」あるタクシー会社の社長が後継者である長男を諭した言葉です。人件費は単なるコストではなく利益の源なのです。

お問い合わせはこちらからどうぞ

このページのトップへ

過去の記事

【2017年11月号】
相続税への招待(2) 相続財産の評価
【2017年10月号】
相続税への招待(1)
【2017年9月号】
仕事の効率化―結果の見える化を出発点に
【2017年8月号】
残業を減らせ(3)―全員参加の仕組みをつくる
【2017年7月号】
残業を減らせ(2)―ムダを探せ
【2017年6月号】
残業を減らせ―どこから手を付ける(1)
【2017年5月号】
金融機関との取引関係を検討する
【2017年4月号】
残業時間削減のスタートを切ろう
【2017年3月号】
税制改正 中小企業、サービス業にも目配り
【2017年2月号】
社長、最近、評判悪いっすよ
【2017年1月号】
良い赤字と悪い赤字の法則
【2016年12月号】
節税の出発点 生前贈与
【2016年11月号】
この預金は誰のものだ 相続税その3
【2016年10月号】
前回に引き続き相続税の基本的仕組みについて説明してください。
【2016年9月号】
ある日突然―相続税に悩む
【2016年8月号】
城は石垣、石垣は人
【2016年7月号】
数字は魔物
―固定費は変動費に変動費は固定費に変身する
【2016年6月号】
見えない顧客を探し出す
【2016年5月号】
早わかり、中小企業の税制改正
【2016年4月号】
金融機関との間合いを詰める
【2016年2月号】
悪循環から好循環への転換
【2016年1月号】
消費税軽減税率を考える -1-
【2015年12月号】
最低賃金のアップに泣く
【2015年11月号】
情報が情報を集めて思考停止
【2015年10月号】
支払いを急がない経営体質をつくる
【2015年9月号】
勘違いの経営判断
【2015年8月号】
給与はコストですか
【2015年7月号】
マイナンバー制度と中小企業の実務対策
【2015年6月号】
現場のことはパートさんに聞け
【2015年5月号】
平成27年度税制改正と格差社会
【2015年4月号】
困ったときはボスの顔を見る
【2015年3月号】
顧客は見ている
【2015年2月号】
この不条理な現実にたじろぐ
【2015年1月号】
経営の視点、将来の時点から現在を観る
【2014年12月号】
老舗企業の後継者 誇りと埃と焦りから
【2014年11月号】
金融機関へのラブレター 月次試算表
【2013年5月号】
税制を経営戦略に取り込む
【2013年4月号】
経営者は何故、失敗をするのか
【2013年3月号】
月次試算表で何を把握できるか
【2013年2月号】
金融円滑化法の終結
金融機関対策の再検討 その2
【2013年1月号】
金融機関対策の再検討を検討しよう その1
【2012年7月号】
相続税---大金持ちから小金持ちへ。
【2012年6月号】
知っていますか、顧客心理の常識、非常識。
【2012年5月号】
甘くないケーキのお話
【2011年7月号】
損益分岐点分析を楽しむ--その3
【2011年6月号】
損益分岐点分析を楽しむ--その2
【2011年5月号】
損益分岐点分析を楽しむ--その1
【2011年4月号】
建設業です。売上高が半減していますが従業員を抱えて四苦八苦しています。
【2011年3月号】
2、3年ぶりに、新入社員の入社が決まりました。何とか定着して欲しいのです。どのように接すべきですか。
【2011年2月号】
取引先から、後継者がいない自分の会社を買わないかと云われています。
【2011年1月号】
月次試算表のスピード化を指示しましたが、経理部門の抵抗が強く軌道に乗りません。
【2010年12月号】
1年ほど前に、取引金融機関に中小企業金融円滑化法に基づくリスクを申込み、1年間の返済猶予をして頂きました。しかし、本年の3月から、当初契約通りの約定返済に戻ることになりますが、業績も資金繰りも回復せず、返済をする余裕がありません。
【2010年11月号】
セーフティネット融資制度が、来年3月末で期限切れになると聞きましたが、この際、どのような対策を採ればよいのでしょうか。
【2010年10月号】
10月1日から、強制的に、新しく法人税にグループ税制が適用されると聞きましたが、何が、どう変わるのか良くわかりません。
【2010年9月号】
日航の厳しい再生計画をみるにつけ、当社においても、更に、基本から見直していきたいと考えています。
【2010年8月号】
婦人服販売業です。A社製品は売り足は速いが利幅は薄く、B社製品は売り足が遅いが利幅が高い。どちらを選択すべきですか。
【2010年7月号】
競合店の安売り攻勢に対抗し、それを上回る販売価額の引下げを検討しています。
【2010年6月号】
道産品の通信販売と贈答品の納品をしています。しかし、売れば売るほど赤字が累積してきます。
【2010年5月号】
前回、月次試算表の重要性を認識しましたが、その続きを聞きたいと思います。
【2010年4月号】
会計事務所から、毎月、月次試算表が届きますが、どのようにみればよいのですか?
【2010年3月号】
中小企業金融支援措置として、昨年12月に施工された「金融円滑化法」により金融機関の対応は、どのように変わったのでしょうか。
【2010年2月号】
飲食店ですが、客単価を下げて戦いたいと思っています。
【2010年1月号】
こんな不況の中では、どんな工夫をしても業績を上げることは困難です。
【2009年12月号】
食品卸をしています。これまで、長年取引をしていた食品加工業者から後継者がいないから、その会社をM&Aで引き継いでくれないかと相談された。
【2009年11月号】
修行のため同業他社に入社させていた長男を呼び寄せ、事業を引き継がせたいと思いますが、言を左右にして、なかなか承諾しません。
【2009年10月号】
郊外で洋食店を開業しています。なかなか顧客さんが増えず困っています。
【2009年9月号】
3ヶ月連続して現金が不足し、個人の預金を会社につぎ込んで帳尻を合わせています。
【2009年8月号】
よく取引銀行から月次試算表を求められますが、決算報告書で充分ではないのでしょうか。また、私自身も、どこを、どうチエックするのか、よくわかりません。
【2009年7月号】
融資を申し込んでから2ヶ月以上経過しているが、さっぱり進んでいないようです。どのように対処すべきですか?
【2009年6月号】
資金繰りで銀行に相談したら、セーフテイネット融資を勧められたのですが?
【2009年5月号】
大型ホテルの料金引き下げ攻勢で客足が落ちています。割烹旅館として自負しているだけに客単価を下げることには挫折感があります。
【2009年4月号】
近くの回転寿司店よりも「ネタ」が新鮮だし、価格もそれほど変わらないのに顧客さんが来ないのですが?