• HOME
  • > 今月の相談コーナー

今月の相談コーナー 毎月 経営に関する様々な疑問にお答えいたします

2016年11月号
この預金は誰のものだ 相続税その3

相続税の節税策について教えてください。

節税策を検討する前に、相続財産の帰属を巡る問題を取り上げてみたいと思います。

1 預金、宙に浮く

節税策の前に、「この財産は誰のもの?」という悩ましい問題があります。財産の帰属が確定しないと、誰が、いくら納税するのか確定できません。特に、預金、有価証券などで大きな問題が発生しやすいのです。

例えば、父親が「父の遺産としてもらった500万円を将来のために子ども名義の預金通帳としておいた場合」を考えてみます。その後もこの定期預金はそのまま残っていましたが、十数年後、父親が亡くなり相続が発生しました。さて、この定期預金は誰のものでしょうか。

子ども名義ですから子どものものでしょう。仮に贈与だとしても税務上の時効は7年だと聞いています。

これは実際に経験した事案なのですが、時効にかかっていると主張するためには3つの条件が必要だという判例があります

(1)定期預金証書を子どもが実際に継続して持っていること
(2)定期預金の届出印は子どものものであること
(3)定期預金利息を子どもが受領していたこと

この条件を満たしていないと、実際の所有者は父親であり、単に子どもの名義を借りていただけで、相続時には相続財産として取り扱う必要があるというのです。従って、祖父や祖母が孫のために預金していたとしても、その通帳の所有関係、届出印鑑、利息の受領者の3条件が立証されなければ、相続発生時には相続人の固有財産として名義の如何を問わず相続税の対象とされます。節税のために預金名義を分散しておいても節税効果はありません。相続税の税務調杏では、財産の帰属を巡り常にトラブルが発生しています。相続税では、財産の帰属の認定は重要な課題なのです。

2 環境変化と遺言書の効果

最近経験した事案ですが、親が亡くなり相続が発生しました。この相続では公正証書遺言書が残されており、遺族である3人の子どもの間に争いは生じないと安心していました。しかし、実際には財産分割を巡り大きな争いが生じました。

亡くなった親は、かつて創業した会社の経営を20数年前に長男に引き継ぎ、自身は引退し悠々自適の生活をしていました。その時点で作成されたこの遺言書は、長男である後継者に預貯金の大部分を、ほかの2人には不動産などを相続させる内容でした。その後、長男はこの会社を売却し、第一線から引退しました。ほかの兄弟からみれば、引き続き会社を経営しているのならともかく、すでに引退しているのだから、継続することを前提として作成された遺言書の内容は不合理であると主張してきたのです。さらに法定遣留分の請求などの権利主張がされて、何回かのきわどい折衝の末、長男が譲歩し、遺言書とは別に「遺産分割協議書」を作成し、最後は円満解決しました。

しかし、争族回避のために作成された遺言書があったために皮肉にも双方に若干のわだかまりが生じたことも事実です。最近、争族回避のため遺言書の作成が勧められていますが、作成した後でも家庭環境の変化などに気を配り、それに対応した内容に作り直しておく必要があることを痛感した事案でした。

お問い合わせはこちらからどうぞ

このページのトップへ

過去の記事

【2017年11月号】
相続税への招待(2) 相続財産の評価
【2017年10月号】
相続税への招待(1)
【2017年9月号】
仕事の効率化―結果の見える化を出発点に
【2017年8月号】
残業を減らせ(3)―全員参加の仕組みをつくる
【2017年7月号】
残業を減らせ(2)―ムダを探せ
【2017年6月号】
残業を減らせ―どこから手を付ける(1)
【2017年5月号】
金融機関との取引関係を検討する
【2017年4月号】
残業時間削減のスタートを切ろう
【2017年3月号】
税制改正 中小企業、サービス業にも目配り
【2017年2月号】
社長、最近、評判悪いっすよ
【2017年1月号】
良い赤字と悪い赤字の法則
【2016年12月号】
節税の出発点 生前贈与
【2016年11月号】
この預金は誰のものだ 相続税その3
【2016年10月号】
前回に引き続き相続税の基本的仕組みについて説明してください。
【2016年9月号】
ある日突然―相続税に悩む
【2016年8月号】
城は石垣、石垣は人
【2016年7月号】
数字は魔物
―固定費は変動費に変動費は固定費に変身する
【2016年6月号】
見えない顧客を探し出す
【2016年5月号】
早わかり、中小企業の税制改正
【2016年4月号】
金融機関との間合いを詰める
【2016年2月号】
悪循環から好循環への転換
【2016年1月号】
消費税軽減税率を考える -1-
【2015年12月号】
最低賃金のアップに泣く
【2015年11月号】
情報が情報を集めて思考停止
【2015年10月号】
支払いを急がない経営体質をつくる
【2015年9月号】
勘違いの経営判断
【2015年8月号】
給与はコストですか
【2015年7月号】
マイナンバー制度と中小企業の実務対策
【2015年6月号】
現場のことはパートさんに聞け
【2015年5月号】
平成27年度税制改正と格差社会
【2015年4月号】
困ったときはボスの顔を見る
【2015年3月号】
顧客は見ている
【2015年2月号】
この不条理な現実にたじろぐ
【2015年1月号】
経営の視点、将来の時点から現在を観る
【2014年12月号】
老舗企業の後継者 誇りと埃と焦りから
【2014年11月号】
金融機関へのラブレター 月次試算表
【2013年5月号】
税制を経営戦略に取り込む
【2013年4月号】
経営者は何故、失敗をするのか
【2013年3月号】
月次試算表で何を把握できるか
【2013年2月号】
金融円滑化法の終結
金融機関対策の再検討 その2
【2013年1月号】
金融機関対策の再検討を検討しよう その1
【2012年7月号】
相続税---大金持ちから小金持ちへ。
【2012年6月号】
知っていますか、顧客心理の常識、非常識。
【2012年5月号】
甘くないケーキのお話
【2011年7月号】
損益分岐点分析を楽しむ--その3
【2011年6月号】
損益分岐点分析を楽しむ--その2
【2011年5月号】
損益分岐点分析を楽しむ--その1
【2011年4月号】
建設業です。売上高が半減していますが従業員を抱えて四苦八苦しています。
【2011年3月号】
2、3年ぶりに、新入社員の入社が決まりました。何とか定着して欲しいのです。どのように接すべきですか。
【2011年2月号】
取引先から、後継者がいない自分の会社を買わないかと云われています。
【2011年1月号】
月次試算表のスピード化を指示しましたが、経理部門の抵抗が強く軌道に乗りません。
【2010年12月号】
1年ほど前に、取引金融機関に中小企業金融円滑化法に基づくリスクを申込み、1年間の返済猶予をして頂きました。しかし、本年の3月から、当初契約通りの約定返済に戻ることになりますが、業績も資金繰りも回復せず、返済をする余裕がありません。
【2010年11月号】
セーフティネット融資制度が、来年3月末で期限切れになると聞きましたが、この際、どのような対策を採ればよいのでしょうか。
【2010年10月号】
10月1日から、強制的に、新しく法人税にグループ税制が適用されると聞きましたが、何が、どう変わるのか良くわかりません。
【2010年9月号】
日航の厳しい再生計画をみるにつけ、当社においても、更に、基本から見直していきたいと考えています。
【2010年8月号】
婦人服販売業です。A社製品は売り足は速いが利幅は薄く、B社製品は売り足が遅いが利幅が高い。どちらを選択すべきですか。
【2010年7月号】
競合店の安売り攻勢に対抗し、それを上回る販売価額の引下げを検討しています。
【2010年6月号】
道産品の通信販売と贈答品の納品をしています。しかし、売れば売るほど赤字が累積してきます。
【2010年5月号】
前回、月次試算表の重要性を認識しましたが、その続きを聞きたいと思います。
【2010年4月号】
会計事務所から、毎月、月次試算表が届きますが、どのようにみればよいのですか?
【2010年3月号】
中小企業金融支援措置として、昨年12月に施工された「金融円滑化法」により金融機関の対応は、どのように変わったのでしょうか。
【2010年2月号】
飲食店ですが、客単価を下げて戦いたいと思っています。
【2010年1月号】
こんな不況の中では、どんな工夫をしても業績を上げることは困難です。
【2009年12月号】
食品卸をしています。これまで、長年取引をしていた食品加工業者から後継者がいないから、その会社をM&Aで引き継いでくれないかと相談された。
【2009年11月号】
修行のため同業他社に入社させていた長男を呼び寄せ、事業を引き継がせたいと思いますが、言を左右にして、なかなか承諾しません。
【2009年10月号】
郊外で洋食店を開業しています。なかなか顧客さんが増えず困っています。
【2009年9月号】
3ヶ月連続して現金が不足し、個人の預金を会社につぎ込んで帳尻を合わせています。
【2009年8月号】
よく取引銀行から月次試算表を求められますが、決算報告書で充分ではないのでしょうか。また、私自身も、どこを、どうチエックするのか、よくわかりません。
【2009年7月号】
融資を申し込んでから2ヶ月以上経過しているが、さっぱり進んでいないようです。どのように対処すべきですか?
【2009年6月号】
資金繰りで銀行に相談したら、セーフテイネット融資を勧められたのですが?
【2009年5月号】
大型ホテルの料金引き下げ攻勢で客足が落ちています。割烹旅館として自負しているだけに客単価を下げることには挫折感があります。
【2009年4月号】
近くの回転寿司店よりも「ネタ」が新鮮だし、価格もそれほど変わらないのに顧客さんが来ないのですが?